ストレスチェックの質問内容

  • ストレスチェックの質問内容

    • ストレスチェックの概要ストレスチェックは、50名以上の社員規模の企業では毎年受診が義務づけられているので、会社員の方なら一度は受けたことがあるのではないでしょうか?ここではそんなストレスチェックの概要について少し詳しく紹介していきます。

      ストレスチェックは労働安全衛生法の改正により、2015年12月から開始された制度です。


      目的としては鬱病などの精神疾患を未然に防いで、健康的な労働を促進することを目的としています。


      ストレスチェックは経営者側からすると従業員を管理する手間が増えて面倒な印象を持つかもしれませんが、国から助成金が出るなど、企業側の負担はないので、安心して受けられます。

      ストレスチェックが今、話題になっています。

      もしもの精神疾患予備軍の社員が現れた場合も助成金が出るので、 むしろ社員のヘルスケアを無償で行えるのでメリットの方が大きいです。



      ストレスチェックの結果は、上司、会社に知られることはありません。

      ストレスチェックの結果を知るのは、受検者本人と専門医、保健、検査に必要な知識をもつ看護師または精神保健福祉士のみです。高ストレスという判断がされた場合、本人の希望があれば医師による面接指導を実施することができます。



      この面接指導は、事業者が医師の指導に基づき業務の改善を行うものであり、労働者の不利益になる取り扱いを禁止するよう法令で定められているため、申し出た本人が会社から解雇されるなどといった不利益が起きない仕組みとなっています。

      労働者を守るストレスチェックの仕組みを理解し、労働環境の改善に役立てましょう。

  • 最新情報

    • ストレスチェックとは、厚生労働省によって2015年12月から施行された制度です。目的は労働者のメンタルヘルスのケアとストレス状況の確認から企業の労働環境を是正して不利な労働環境で働く労働者を守ることで、50名以上の規模の企業に毎年実施義務があります。...

  • 健康関係の情報

    • 2015年12月から施行されている厚生労働省発令ストレスチェック制度ですが、どのようなチェックをするのか知らないまま検査をされるのは不安だという方も多いのではないでしょうか?ここでは、ストレスチェックの内容を分析しどのような種類のストレスチェックが行われているかを紹介していきます。ストレスチェックには法令に基づく標準的なものと、それに加えてセルフケアや、職場環境改善に向けた取り組みについて有効な項目などを追加した特別版があります。...

  • 身に付けよう

    • ストレスチェック制度は、厚生労働省の定めた制度です。50名以上の規模を持つすべての企業に実施義務があります。...

  • サポート情報

    • 2015年12月よりストレスチェックが厚生労働省によって義務化されることになりましたが、突然、法令として義務化されても実際はその制度がどのような制度でどのように対処すれば良いか困ってしまっている企業は多いかと思います。ここでは、そんなストレスチェック制度について特に気になる助成金に関するところから紹介していきます。...

top