ストレスチェックの質問内容

  • ストレスチェックとは

    • ストレスチェックとは、厚生労働省によって2015年12月から施行された制度です。
      目的は労働者のメンタルヘルスのケアとストレス状況の確認から企業の労働環境を是正して不利な労働環境で働く労働者を守ることで、50名以上の規模の企業に毎年実施義務があります。


      ここではそんなストレスチェックについて紹介していきます。

      最高のストレスチェック情報があります。

      ストレスチェックは、受検者本人の秘密を守る安全な検査厚生労働省の定める法令には、様々なものがこれまで施行されていますが、具体的には、法令の存在はあっても企業の働き方を変える影響力がなく、長時間労働問題や、過重労働の問題は改善されてきませんでした。


      しかし過労死が社会問題として目立ち始めた昨今から、労働環境の過酷さによる、精神疾患が問題視され始めついに検査によって労働者のストレス状態を確認し、そこから労働環境を見直すよう指導するストレスチェック制度が作られ、働き方改革の重要な柱となっています。


      労働者を労働法違反した働き方を強要しているとされる企業から守るための法令なので、個人のストレスチェックの結果や、回答結果などを企業に知られることはありません。



      ストレスチェックの結果は、医師、保健師、ストレスチェックに必要な知識の持つと厚生労働省に認められた看護師、社会福祉士のみです。
      ストレスチェックによって高ストレスが確認された受検者は本人の要望により、医師との面談を受けることができます。

      面談の結果、労働環境改善が必要と医師に判断された場合は、医師による労働環境を改善する指導や提案を企業に対して行うことができます。



      ストレスチェックについての正しい知識を身につけ、メンタルヘルスに役立てましょう。

top